よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。その他の手段、たとえば入れ歯と比較すると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には色々な事情から、他の治療がうけられない患者さんがうける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされる患者さんが多いです。インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨になじんで比較的安定しやすいため、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査をおこない、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった口コミがあったかもしれません。それは違います。MRI検査では、磁場に反応して画像がつくられます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してからはじめなければなりません。健康保険が使えることもまれにあるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、ほとんどすべて自費診療だというのが負担が大聞くなる原因です。

安くできるケースで十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人はめったにありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

前歯など、自然に見せたい歯の場合はおすすめしたい治療法です。

ごく普通の歯科医院で、外来診療をうけてのよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をサイト上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それも皆無とはいきません。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、食事の際にグラグラと動いてしまうというケースも稀に報告されています。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足に起因することが多いといえます。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているためです。

インプラント治療はほぼすべて保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くりゆうにはいきません。

義歯を劣化させず長もちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行なうようにしてください。

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、中々気付きづらくなっています。

担当歯科医による定期的な経過観察をうけるようにしてください。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りでおこないます。

使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあるようです。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院してうけることもあるようです。

これらのケース、その他の困難なケースであれば治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、色々な点で、失敗が起きる可能性があるようです。

治療が失敗すると、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などの人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れがつづくといった身体に関する問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあるようです。このような危険をできるだけ避けるために、データや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術がおこなわれます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特性であるといえます。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいということにはなりません。特に人工歯根に異変があるのなら、すぐに診て貰わなくてはなりません。

食べかすをのこしておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあるようです。残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導して貰い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持して下さい。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなくてはなりません。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければすごく長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと考えなければなりません。

代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの希望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多い治療法であるインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でもうけられるりゆうではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

なんらかの持病、たとえば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをおもちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意して下さい。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。今では、どこで手術をうけても大して痛くないのが普通です。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れと一緒に痛みを感じることもあるようです。化膿止めと一緒に、痛み止めも処方されていますので我慢できな幾らいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟して下さい。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療のために何でもできると思うのだったら、最低でも手術から治療しゅうりょうまでの間、しっかり禁煙するべきでしょう。インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ずもとめられます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑って下さい。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察して貰わなければなりません。これからインプラント治療をうける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療では、すごく特殊な外科的施術をしなければならないため数多くの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療して貰うように努めて下さい。

それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療をうけられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあるようです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。

現状での最先端治療がうけられるよう、できる範囲で十分調べて下さい。歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送って下さい。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくおこなわないようにしてください。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いですよ。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状もつづく場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかって下さい。ご存じの通り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除はうけられるので、覚えておきましょう。

医療費控除をうけようとすれば、確定申告(誤りなどがある場合には、修正申告や更正の請求が必要になります)の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告(誤りなどがある場合には、修正申告や更正の請求が必要になります)をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。インプラント治療を検討している方、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だということを理解して下さい。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療がしゅうりょうしても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導をうけます。

メンテナンスの費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えて下さい。全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいて下さい。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで大聞く歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部がのこせれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも捜しにいくというのもありえます。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。

こちらから