「インプラントとクラウンのちがいは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶことも出来ます。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に生活を送ってちょーだい。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えてちょーだい。

傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるでしょう。

日頃から運動をしている方は、歯科医の意見をきき、再開時期を確認しておけばベターです。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易といわれているのです。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の可能性は否定できません。

治療をうける歯科医院を選ぶときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。

院内感染防止の対策をサイト上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。長年放っておいた虫歯があり、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことが出来るようになりこれで良かったと実感しています。インプラントは人工歯なので虫歯になる可能性はゼロですが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。長期間快適にインプラントを使う為には日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケア(時にはプロの手を借りることも大切ですが、できることは自分でするのが最も効果的でしょう)と定期的なメンテナンスは手を抜くことが出来ません。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってちょーだい。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断をうける必要があります。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯をつくれるかどうかは、製作を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

美的センスに加えて、熟練したスキルが要求される作業です。

当然、一つ一つの義歯の製作には時間もかかるので、それだけ、セラミックの歯というものは歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

色々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。

できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

インプラントは決して虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいと思ったら大ミスです。

インプラントを維持する為には、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、まずは口腔内をきれいに保ってちょーだい。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスをうけなくてはなりません。歯科治療で手術をうけたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になるはずです。どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れと供に痛みを感じることもあります。痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もオワリます。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスをうけなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うことを指示されます。この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてちょーだい。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきけば治療をうける方の数も増えるかも知れません。

それでも保険適用外なのはインプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

全面的に保険が聞くことにしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめる為にはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことが出来ます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。この治療は治療全体を通して、相当な出費になります。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険が聴かないのが高額の負担を避けられない所以です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを重々承知しておいてちょーだい。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声をききますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてちょーだい。もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出して貰うことが必要で、複数のデータが得られればそれをくらべ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスがおこなわれていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってちょーだい。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多くを占めます。入れ歯にくらべ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、ご飯も美味しく感じられます。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケア(時にはプロの手を借りることも大切ですが、できることは自分でするのが最も効果的でしょう)と、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されるといわれているのです。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかも知れません。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるという点にも注意が必要です。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。しかし、医療費控除の対象ではあります。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。

医療費控除をうけようとすれば歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働聴かける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある場合、やはりインプラント適用が一番でしょう。

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてちょーだい。ごくまれなことですが、治療によって死亡したケースもありました。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いが出来る歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

現金で費用を一括払いする必要なく、うけたい治療をうけることが十分可能になりました。

年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没指せて癒着指せ、その上から義歯を付けるものです。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん自分の歯のように自然に食べ物を噛むことが出来、見た目も義歯とは分かりません。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。決定的なちがいは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。差し歯は、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第でかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療をうけるには条件があることです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。ガンで治療をうけている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してちょーだい。インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのが大まかなプロセスです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織が出来て骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えていいかもしれません。

b-p-s-a.org.uk